放課後等デイサービス|明日の一歩にジャストフィット ~ リハテーラー ~

放課後等デイサービス

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、社会福祉士、
介護福祉士が常駐しており、医療的ケアが必要な重症心身障害児にも対応。
リハビリを必要としているお子様に、一人一人にあった訓練を提供。

療法士

PT, OT, ST

株式会社H&H

質と量

専門職が提供する訓練と
適切な量

株式会社H&H

目的・目標

訓練を行う目的と目標を
明確にする

株式会社H&H

オーダーメイド

ORDER MADE

身体や知的に障害をお持ちの小学生から高校生までを対象に
理学療法士や作業療法士による身体への機能訓練、言語聴覚士による言語訓練などを中心に
お子様の状態に合わせたリハビリテーションを提供。
看護師も常駐しているため、医療的ケアが必要な重症心身障害児にも対応。

リハテーラーの特長

理学療法士、言語聴覚士、看護師、社会福祉士、介護福祉士が常駐
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師、社会福祉士、介護福祉士が常駐し、お子様やご家族様を中心とし、リハビリテーションを通して、その子らしい人生を歩むお手伝いをします。
150m²を超える訓練室で、言語訓練やコミュニケーション訓練
150㎡を超える訓練室で、理学療法士や作業療法士による身体への機能訓練、言語聴覚士による発達障害・自閉症への言語訓練やコミュニケーション訓練
就学後から高校卒業までの身体障害児、精神障害児、知的障害児が対象
就学後から高校卒業までの身体障害児、精神障害児、知的障害児が対象です。
送迎サービスあり
送迎も行っており、車イスの対応も可能です。
お迎えは学校、お帰りは自宅までなど、様々な送迎に対応しています。
お子様の可能性を最大限引き出し長所を伸ばす。
お子様の可能性を最大限引き出し長所を伸ばします。短所ではなく個性と捉え、可能性の塊であることを伝えながら、人としての尊厳を大切にした関わり方で自信を育みます。

ご利用事例

※下記例は一例であり、実際は理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の評価を行い、
最適なスケジュールとプログラムをご提案します。

ご利用パターン①

脳卒中や脳性麻痺(小学生)
理学療法士や作業療法士の指導のもと、身体機能訓練を2時間実施
  • 学校または自宅までお迎え

    14:00~学校または自宅までお迎え

  • 矢印
  • ストレッチ

    15:00~15:30ストレッチ

  • 矢印
  • 筋力訓練

    15:30~16:00筋力訓練

  • 歩行訓練

    16:00~17:00立位・歩行訓練

  • 矢印
  • ご自宅までお送り

    17:00~ご自宅までお送り

ストレッチ
レッドコードなどを使い、固まった筋肉をほぐします。
筋力訓練
レッドコードなどを使い、左右の筋力をバランスよく高めたり、体幹の筋力を養います。
立位・歩行訓練
理学療法士や作業療法士と歩行訓練を行います。

ご利用パターン②

発達障害(小学生)
理学療法士や作業療法士の指導のもと、身体機能訓練1時間
言語聴覚士の指導のもと、言語やコミュニケーション訓練1時間
  • 学校または自宅までお迎え

    14:00~学校または自宅までお迎え

  • 矢印
  • ストレッチ・筋力訓練

    15:00~15:30ストレッチ・筋力訓練

  • 矢印
  • 持久力・バランス訓練

    15:30~16:00持久力・バランス訓練

  • 言語訓練

    16:00~16:30言語訓練

  • 矢印
  • 集団訓練

    16:30~17:00集団訓練

  • 矢印
  • ご自宅までお送り

    17:00~ご自宅までお送り

ストレッチ、筋力訓練
レッドコードなどを使い、固まった筋肉をほぐしたり、レッドコードなどを使い、左右の筋力をバランスよく高めたり、体幹の筋力を養います。
持久力訓練、バランス訓練
体力の不安なく学校生活や日常生活を送るために、体力やバランスを養う訓練を行います。また、運動能力が高いお子様には高い課題設定を行い、更なる運動能力の向上を目指します。
言語訓練
言語聴覚士と個別で訓練を行います。
集団訓練
集団での課題を行い、協調性やコミュニケーション能力を養います。

サービス内容

放課後等デイサービスとは、障害のある就学児童(小学生・中学生・高校生)
が学校の授業終了後や長期休暇中に通うことのできる施設です。

通常の放課後等デイサービスのように、画一的に宿題をしたり、遊んだりということを行うのではなく、おひとりおひとりに合った最適なプログラムを実施します。

1
自立した日常生活を営むために必要な訓練
2
創作的活動、作業活動
3
地域交流の機会の提供
4
余暇の提供

ご利用対象

障害のある児童・就学児童

放課後等デイサービスの対象は、障害のある児童ですが、療育手帳や障害者手帳がなくても、専門家などの意見書などを提出し放課後等デイサービスの必要が認められれば、受給者証が市区町村から発行されます。この受給者証を取得することで通所の申し込みができ、1割負担でサービスを受けることができます。

また、就学児童とは、幼稚園、大学を除く、小学校、中学校、高等学校に通っている児童です。年齢では6歳~18歳です。ただし引き続きサービスを受けなければその福祉を損なう恐れがある場合は、満20歳に達するまで利用可能です。

利用回数

利用回数は一律ではなく、受給者証によって一人一人受けられるサービスの量が決められています。子どもや保護者の状況や環境、利用意向などをふまえて受給者証の申請時に審査が行われ、ひと月に使える日数の上限が受給者証の発行時に決定されます。その定められた範囲内で、その子に必要なサービスを組み合わせて利用計画が立てられます。

子どもの興味や、発達レベルに合わせて様々な療育施設を組み合わせていくことが多いですが、必ずしも複数行く必要があるわけではありません。子どもの性格や、集団への慣れ具合に合わせて、一週間のスケジュールを組むことが大切です。

ご利用料金としくみ

1
利用者負担は、報酬基準の1割が基本です。
2
利用者負担は、月ごとに上限額が定められています。
3
上限額は、世帯の収入状況等に応じて、4つに区分されています。
4
自治体によっては独自の助成金がある場合もあります。

上限額の区分

区分 負担上限額 詳細
生活保護 0円 生活保護受給世帯
低所得 0円 市町村民税非課税世帯※3人世帯で障害者基礎年金 1級受給の場合、
概ね300万円以下の収入の世帯が対象
一般1 4,600円 市町村民税課税世帯※概ね890万円以下の収入の世帯が対象
一般2 37,200円 上記以外の世帯

※2018年2月現在

ご利用までの流れ

個別相談・施設見学

事業所の方針や療育内容をご案内しますので、お電話・ホームページからお問い合わせください。
施設見学は理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師などが対応いたします。

画像
画像

受給者証のある方

受給者証のない方

画像
画像

相談支援事業所で
児童通所支援利用計画案の変更

ご利用中の相談支援事業所に、リハテーラーをご利用される事をお伝えいただき、計画案変更の依頼をお願いします。

受給者証発行申請

お住まいの自治体にある障害福祉課に受給者証の発行申請をお願いします(※発行まで1ヵ月程度かかります)。

画像
画像

画像

相談支援事業所で
児童通所支援利用計画案の作成

お近くの相談支援事業所で、利用計画案の作成をご依頼ください(※保護者様作成のセルフプランでも可能です)。

画像
画像

お申し込み・アセスメント

利用開始日や日数を相談の上、契約となります。アセスメントでは、保護者様とお子様にそれぞれ1時間程度お時間をいただき、これからのサービス内容を一緒に決めていきます。

画像

サービスの利用開始

アセスメントの情報をもとに作成した個別プログラムで個別療育がスタートします。

よくある質問

ページトップへ