ブログ

放課後等デイサービスでは遊びを通して訓練を行うことが多くあります

リハテーラー横浜都筑の放課後等デイサービスでは、重症心身障害児のお子様に加えて、重症心身障害児のお子様に危険とならない重症心身障害児以外のお子様もご利用しています。
主に、歩行が困難で歩行訓練を中心に行いたいお子様です。

理学療法士が評価を行い、
歩行向上のための課題の抽出を行い、課題を克服するための訓練を行う場合と
持っている能力を最大限に生かす場合と
大きく2通りに分けられます。

課題の克服を徹底的に行う場合もあれば、
持っている能力を最大限に生かす場合もあれば、
両方をバランスよく行う場合もあります。

リハテーラー横浜都筑の放課後等デイサービスでは、お子様の特長を見たうえで、様々な方法を検討していきます。
その中で、遊びを通しての訓練も行っていきますが、ただ遊ぶのではなく、評価を基に遊び方を変えていきます。

対応するスタッフも、遊びの意図や目的を理解した上で行いますので、効果的な遊びになるわけです。
「楽しむ」ということも大切にしながら、課題を克服したり、能力を生かしたり、と「楽しかった」で終わるのではなく、お子様にとって「効果的」な内容を行っていきます。

ページトップへ