ブログ

重症心身障害児に対するリハビリもご提供しています

リハテーラー横浜都筑の放課後等デイサービスでは、重症心身障害児のお子様に対してのリハビリも積極的に行っています。

看護師も常駐しており、医療的ケアが必要なお子様も安心してご利用いただけます。
胃瘻からの水分補給や管理などを行ってから、訓練を行います。

重症心身障害児のお子様の場合は、残存機能を高める、または維持することが主な目的になり、関節可動域訓練を中心に座位保持訓練、立位訓練なども行います。
また手や足などの四肢が動く場合は、残存機能を活かした訓練を行います。
うつ伏せや仰向けになったりして、ボールなどを掴んだり、追いかけたりして、上肢や下肢の動きを促通したりします。

身体が大きくなってくると、側弯などの変形も進んでくることが多いので、その予防なども踏まえて訓練を行っています。
一度、関節が硬くなると、改善するのにかなりの労力を使います。
また、固まってくると、移乗や更衣などの介助にも負担がかかることが多くなって来ます。

将来を見据えて早い段階から対応することで、維持や向上を図ることも可能ですので、リハテーラー横浜都筑では、理学療法士や作業療法士が積極的に訓練を行っています。

ページトップへ