ブログ

放課後等デイサービスではどんな内容のリハビリテーションを行うの?

リハテーラー横浜都筑には、理学療法士などのリハビリテーション専門職が在籍しており、リハビリテーションを中心としたサービスを提供しています。

施設見学の際には、理学療法士が対応し、今までの経過やリハビリ内容を聞き、お身体の状態を確認し、評価を行います。
それらを統合したうえで、訓練内容を決定していきます。
重要なことは、「目的・目標」を明確にすることです。

児童は成長過程ですので、お身体の状態は、刻々と変化していきます。
その変化も踏まえながら、リハビリを行う目的を明確にすることが重要であると考えています。

座位が保持できるのか?
立位が保持できるのか?
手の動きは?
足の動きは?

上記は、ごく一部でそれ以外にも様々な観点から評価を行い、その子に合った目的と目標を設定します
高校を卒業した後はどうするのか?
というのは良い例です。

そのような将来を今から見据えて行うことがリハビリテーションでは重要になってくると考えています。
関節可動域訓練や筋力訓練、座位保持訓練などは手段の一つです。
それらを何のために行うのか?という「目的」を明確にすることは、リハビリテーションにおいては非常に重要です。
リハテーラー横浜都筑では、リハビリを行う目的を、お子様やご家族と一緒に考えていきます。
その目的に合ったリハビリの内容を選び、訓練を行っていきます。

リハテーラー横浜都筑でのリハビリテーションの内容は、みなさまと一緒に考えながら、専門的な視点も交えて決定していきます。

ページトップへ